クラシード広島ってどんなところにあるの?

 

〇広島市についてみてみよう

広島という名称は、戦国時代末期に、
この地を支配した戦国大名の毛利輝元が
命名したといわれています。

毛利氏は代々、大江広元の末裔であることを誇りとし、
「元」のほか「広」も良い縁起という点から「広」の字を使ったと
されています。

市内にある歴史的重要建造物は、

世界遺産原爆ドーム
(負の遺産とされます)
世界平和記念聖堂
広島平和記念資料館
広島平和記念公園
不動院鐘楼」「楼門」
「木造薬師如来坐像」「梵鐘」
「木造阿弥陀如来坐像」 などがあります。

〇被ばくの悲劇を忘れないための平和の象徴都市

世界史上初めて核爆弾で爆撃された都市である
広島市。世界的に知名度が非常に高い都市でもあります。

国際平和文化都市としても影響力があり、
「平和市長会議」にはは150を超える国か多くの
自治体が加盟しています。

第二次世界大戦末期の1945年8月6日、
アメリカ軍の爆撃機B-29エノラ・ゲイに
よって原子爆弾が投下されました。
市街地は一瞬にして破壊されてしまい
多くの人命が奪われました。
生存者も、放射線後遺症、精神的後遺症
に生涯苦しむなど、人類史上最悪の被害をもたらしたと
言われています。これを教訓に終戦を迎え、戦争のない平和な日本を
作る基盤は多くの犠牲の上に成り立っているといえるでしょう。

現在は日本の主要な工業都市となって発展し、
全国で10番目となる政令指定都市になっています。

〇広島市の地理とグルメ

地理的には山陽地方のほぼ中南部にあります。

中国・四国地方を統括する政府機関や、
企業の地方拠点も多く存在しています。
瀬戸内工業地域をもつ工業都市でもあり、沿岸部は工業地帯に
なっています。沿岸漁業も多く行われています。
カキ
お好み焼き
もみじ饅頭
広島菜
などがグルメとして有名です。

お好み焼きは中に焼きそばを入れ込んだ
広島焼というものがベースで地元広島の甘めの
オタフクソースで食べるのが主流です。

オタフクソースは同市に本社があり、
現在のオタフクソース株式会社は、
オタフクオールディングス株式会社に移行し、
新たに設立された法人となっています。
知名度が増し、お好み焼きソースとして
全国進出しました。
一時はブルドックソースを抜き、
日本最大のソース会社になった
事もありましたが、にブルドックソースが
イカリソースを買収したため、
首位は逆転してしまいました。

お好み焼き店・たこ焼き店を経営しようという人のために
『お好み焼き・たこ焼き研修センター』を
東京、名古屋、大阪、岡山、高松、広島、福岡の全国7カ所に
おいています。

月に一度、オタフクソースの社員全員が
お好み焼きを食べる日があるそうです。
入社研修でもお好み焼きの作り方も学ぶとのことです。
オタフクソース本社内には、
同社社員の健康管理を目的とした社員食堂も
あるとのことです。

オタフクソースのほかにも広島市の
大きな企業は次のようなところがあります。

中国電力株式会社
株式会社エディオン
株式会社広島銀行
株式会社中電工
広島ガス株式会社
西川ゴム工業株式会社

等々。
広島を訪れる際にはチェックしてみてくださいね。

 

〇廿日市市ってどんなところ?

広島市の西にあり、瀬戸内海に面した港町が廿日市市です。
日本三景の「安芸の宮島/厳島」が世界的に有名です。

この島にある厳島神社は世界遺産でもあります。

廿日市は中世以来、厳島神社の造営・修繕などに
関する木材を基盤とした産業の盛んな街でした。

高度経済成長期以後は発展し、
平成の大合併によって周辺の4町村
を編入しました。
豊かな自然や厳島神社を含む安芸の宮島で
観光地としても人気の市になりました。

市の文化ホール「さくらぴあ」では、
著名な人物・団体の公演が多く催されています。

「廿日の市」という市民主体の市を
毎月20日に催したり、姉妹都市のニュージーランドとの
交流も盛んです。

けん玉の発祥の地でもあります。
「廿日市(はつかいち)」という地名は
廿日市町が発足して以降、合併を重ね、
広範囲になってきたようです。
廿日市という名称は、中世以来開かれていた
「廿日(はつか)の市」に由来するとされています。

〇宮島と厳島神社は世界遺産としても有名

厳島神社は平清盛の庇護により平安時代末期に、
地域に影響力をもちはじめることになりました。

しかし、鎌倉時代に入ると権力争いの中で火災で
社殿を焼失してしまいました。

鎌倉幕府は厳島神社を再建するために対岸の地域
に多くの鋳物師たちを移り住ませました。

塩・木材等の生活物資・再建物資の集積は
このころから始まったとされています。

厳島神社の年4回の祭礼の最終日がいずれも20日で、
鎌倉時代中期には毎月20日に市が立つようになりました。

これをきっかけに、二十日の市が「廿日市」という
定着をもたらすことになったといわれています。

現在の住居表示制度にある正式な
地名としては「廿日市」は唯一の例とされています。

市域では旧石器時代の遺跡として、
冠遺跡と頓原遺跡があります。

速谷神社境内からは
旧石器時代末期から縄文時代初めごろとされる
槍先型石器が発掘されています。

さらに厳島の北西岸の下室浜では
後期旧石器時代のナイフ型石器も見つかっています。
縄文時代には海面の上昇で
瀬戸内海が形成され、黒曜石の石器が
出土しているのですが、これは
国東半島の姫島産のものとわかっており、
遠隔地とも交流があったことがうかがえます。

出土された土器のほかに、
内陸部の原地区にも縄文時代の
遺跡があり、厳島の沿岸部にも、複数にわたって
縄文遺跡が見つかっています。

稲作技術が伝えられると、この地域でも稲作が始まった
といわれています。丸小山遺跡では
遠賀川式土器が見つかっており、これは典型的な
弥生式土器であるといわれています。

高尾山遺跡は典型的な弥生時代後期の
高地性集落遺跡であるとされています。

この高尾山遺跡のほか、堤上遺跡、
河野原遺跡、など、
農耕には適さない高地性集落遺跡が見つかっています。

古代では、この地域がヤマト王権の支配下に入り、
一帯は佐伯郡として安芸国になりました。

1146年(久安2年)、平清盛は
高野山の高僧から「安芸の厳島神社を修繕すれば、
並ぶ者なき官位と栄華を手に入れられよう」と
預言されて厳島神社の修繕を決意したとされています。
今でも、木材を活用した産業の
住宅産業、家具関連産業が盛んです。

〇市内にある会社はどんな会社があるか

市内に本社をおく主な企業は

チチヤス、マルニ(木工家具)、
広島醤油、フマキラー工場、
カルビー広島工場などがあります。

以前はけん玉作りで、、最盛期には
日本国内で40%を作っていました。

〇近海漁業が盛んなことで知られます

瀬戸内海の豊かな恵みを受け、
特にカキ養殖は非常に盛んです。

いかだによる養殖のカキいかだが有名です。

同地の「地御前かき」は
かきのブランドとして知名度があります。
また大ぶりな「大野のアサリ」も養殖されています。

〇観光スポットで人気なのはどこ?

「安芸の宮島」の名で知られる厳島は、
観光スポットとして欠かせません。
世界遺産「厳島神社」、国宝や国の特別天然記念物など
文化財・自然遺産を数多く存在する場所です。

沿岸部ではマリンスポーツや釣り・海水浴なども
楽しむことが出来、夏の高原レジャーも
盛んです。

大野地区には、広島東洋カープの屋内総合練習場もあります。

特産物や名物は、
けん玉、カキ、
醤油、、あわび茸、
もみじ饅頭、しゃもじ、宮島細工などが有名です。

廿日市市にゆかりのある歴史上の人物には
平清盛や小早川隆景がいます。